アクリル、CGイラストで表現するファンタジックな夢空間を紹介 My Yahoo!に追加

光と影を意識した風景画

私の描こうとしている風景画は出来る限り光と影を

意識して描いています。

光と影のコントラストのある絵が私は好きです。


アクリルや油絵で描く風景画では光と影を描く事によって

コントラストを出しますが、光を描かなくても影の強弱

によって光の強弱も表現できます。

光を強く表現する時は、影を強く描くと強い光とか、

明るい昼間の風景を表現する事ができます。

逆に影を弱くすると光を弱く表現する事になります。

エアーブラシによって描けば光をエアーブラシで描くことは

たやすいのですが、水彩画等でで描く時はこの影の強弱に

よって表現します。

さてこの光と影のコントラストを表現した絵画は多くあります、

とくに夕日を使った風景画は今も昔も多く描かれています。

しかし考えて見れば絵で描く時は最初は線で形」をとりそれから

色を付けていきますが、どんな物でも光の部分と影の部分とで

物が存在するのですね、ですから物を描く時は、本来この光の部分

を描いて行くことにより形が出来上がって行くと言っても間違い

ありません。

目の前の色んなものを一度注意して見てください、、どんなものでも

光と影の面で出来ています。

そしてこの光と影の強弱によって光の強さを表現しているのです。




私のホームページギャラリーです私の夢空間はここにあります。
http://www.geocities.jp/nokura_s/




夢の旅人のトップへ







posted by 夢の旅人 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 風景、人物等絵を描く

エアーブラシで人物画を描く

nokura18.jpgエアーブラシでのイラスト・人物画は30年ほどあたりから

しばらくの間はちょっとしたブームになり私も、人物画をはじめ

多くのイラストをエアーブラシを使って描いてきました。

エアーブラシでイラストを描くといってもイロイロな描き方があります(これはわたしが描いたエアーブラシの作品です)

また、画材も描く対象物によって違ってきます。

車やバイク、携帯電話などに描くエアーブラシイラストは主に

ラッカー等を使用して描きます。

(わたしはラッカーは子供のプラモの塗装でしか使ったことはありませんが)

広告イラストなんかの場合は水彩絵の具、アクリル絵の具を

使用します。

また油絵等でもエアーブラシを使って描く絵画もあります。

使用するガン(絵の具を噴射するノズル)の使い方によって、広い

面積を塗ったり、細かいところまで筆と同じように描いたりして

使い分けていきます。

人物画を描く時は細かいところの作業もありますので細かい線の出る

ガンを使用しています、ちなみにわたしはトリコンハンドピースのY1

広い面積ではY3を使用しています。

エアーブラシで人物を描く時は下書きの段階できちんとした下書きが

必要です、なぜなら描いた後の修正がちょっと難しくなるからです。

キャンパス(イラストボード)に筆でぺタぺタ描く場合は後からでも

修正がある程度できますので大体の下書きでもかまいませんが、

エアーブラシで描く場合はできるだけきちんとした下書きを描いたほうが

いいです。

前にも説明しましたが、アクリル絵の具をエアーブラシで描く時は必ず

エアーブラシ用のマスクと換気扇を回して使用することをお勧めします。

エアーブラシで描いた人物画ですが、ちょっと厚めのイラストボードで

マスキングシートを何回ものカッティングの繰り返しでエアーブラシで

色をつけて描いていきます。

きれいな発色のイラストには向いていますので仕事の時は多く使用して

ましたが、パソコンの機能向上により広告関係の仕事はほぼパソコンで

描くようになってしまいました。

しかしエアーブラシで原画を残して描くという事も大切なことだと思います。



私のホームページギャラリーですエアーブラシイラストと夢空間はここにあります。
http://www.geocities.jp/nokura_s/




夢の旅人のトップへ








posted by 夢の旅人 at 19:53 | 風景、人物等絵を描く

水彩で風景画を描く

nokura19.jpgアクリル画、油絵画、CG画、等の他にもパステル

画、色鉛筆画
水彩画、水墨画等の絵画があります。

中でも子供の時から一度は描いたことがある一番身近

なのが水彩画です。

水彩絵の具なら近くのホームセンターか文房具屋さん、最近では百円ショップでも売ってます。

そんな画材でも十分描けますのが水彩画です。

どこかへ行った時なんかでもスケッチブックを持ってちょっと

したスケッチなんかを描いてみるのも楽しいものです。

簡単な水彩画なら、画用紙に鉛筆で描いたところに水彩で着色

するだけでりっぱな絵画になります。

趣味で描くのなら、好きなように楽しみながら描くのがいいですよ

絵の描く時の最大の基本は楽しみながら描くことですから。

色んな風景を描いてファイルしておくのも思い出になって良いですね

また、お気に入りの絵があったら額に入れて飾っておくのもいいですね。

はがきに描けば絵手紙になって知人、友人等に送って上げると喜ばれますよ。


私のホームページギャラリーです私の夢空間、水彩による風景画はここにあります。
http://www.geocities.jp/nokura_s/




夢の旅人のトップへ



posted by 夢の旅人 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 風景、人物等絵を描く

CG(デジタル)で人物画を描く

nokura13.jpgここ最近、パソコンがど〜んと発達してきたため、デザイン業界はおろか、イラストレーション絵画もパソコンで描く時代になってきてしまいましたよ。

そのためか、わたしも仕事はパソコンでペンタブレットを使って描いております。

(これはフォトショップで描いた人物イラストです)

絵画としては重みも味気も無いかもしれませんが、

仕事としては非常に便利です、修正なんかあっても絵の具での

作業だと半日かかった仕事でも数十・、もしくは、レイヤーを

消すだけなら数秒で終わってしまいます。

と言うわけで広告関係の仕事はほとんどCGで作業をしています。

しかし描く時ははパソコンとタブレットで描くといいながらも

作業は手で描いていることと全く同じで、パソコンの機能は

基本的な事意外は使っていません。

と、言うより、あまり機能を使いこなせないといったほうが

正直なところですね^^;(汗)

そんなところで、CG(デジタル)で人物画も描いてみました

アクリル(もしくは水彩)でエアーブラシで描くのと紙に描くか

パソコン上で描くかの違いで作業はほぼ同じです、パソコン上で

フォトショップのブラシでぺたぺた、シュー、シュー(音はしませんが)

描きます。

パソコンで描く人物画も結構おもしろいですよ。

絵の具と紙がいらないから便利ですしね。

パソコンを使って描くイラストは印刷媒体の仕事等には向いてますね。


私のホームページギャラリーです私の夢空間とCGによる人物画はここにあります。
http://www.geocities.jp/nokura_s/




夢の旅人のトップへ

posted by 夢の旅人 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 風景、人物等絵を描く

アクリル絵の具で風景画を描く

わたしのスペースアート夢空間を描く風景画はまず

アクリル絵の具で描いています。

プロフィールの私のバックにある海の絵もアクリル絵の具

で描いてあります。

これらは、ちょっと分厚いイラストボードエアーブラシ

アクリル絵の具(リキテックス)を使用して描いてあります。

ここで注意しておかなければならない事ですが、アクリル絵の具で

エアーブラシを使用する時は必ず、エアーブラシ用のマスクと

換気扇を使用して描いて下さい。

アクリル絵の具は吸うとアクリルの性質上肺に幕が出来るそうです

タバコの脂のようになるそうですので使用する時は注意して下さい。

私は、使用するときは必ず、隙間の無いカートリッジ付きの防塵

マスクと、窓には換気扇をまわして喚起をしてからエアーブラシ

を使用しています。(マスクをしている時はスーはー、スーはーと

息がカートリッジから漏れてまるでダースベーダーみたいですけど^^)

筆で描く時は問題ありません。

アクリル絵の具風景画を描く時はバックの空をエアーブラシで描き

その上から筆で順番に描いていきます。

球体である星はマスキングシート(テンプレート)によってカッティング

してからエアーブラシで描きます。


私のホームページギャラリーです私の夢空間、風景画はここにあります。
http://www.geocities.jp/nokura_s/




夢の旅人のトップへ






posted by 夢の旅人 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 風景、人物等絵を描く

アクリル絵の具で描く人物画

nokura12.jpg油絵とアクリル絵の具キャンパスにぺたぺた塗って

描くと同じような感じに仕上る絵の具です。

大きな絵を描く時はアクリル絵の具を使っています。

人物画も油絵で描いていたのですが、どうも油絵の具

のシンナーにわたし弱いもので、(実はアルコールにも弱い)

そんなわけでアクリル絵の具を使って描いております。

アクリル絵の具もリキッテクス・リキテックスソフト・アクリラ

ガッシュを使用していますが、油絵のように筆でぺたぺた描く

のはリキテックスを使用して描いています。

リキテックスは油絵の具と違って水性で乾くと耐水性になる絵の具

ですが、乾きが油絵の具と違って早いのが欠点?でもあり利点でも

ありますが、乾きが早いのを計算して慣れれば描きやすい画材でも

あります。

リキテックスソフトはリキテックスと比べて不透明な画材ですので

ちょっとした仕事に使っています。

アクリラガッシュも不透明感が強くべた塗りなんかにポスターカラー

代わりによく使われてますが私はあまり使用していません。

さて、油絵タッチのリキテックスですが、粘りもツヤもあり油絵のように

ぺたぺた描けますのでシンナーの心配しなくて描けますので重宝してます

ただ、油絵のような重量感のある絵にする事もできますが、ちょっとした

コツみたいなものが必要になります。

人物画(肖像画)を描いてますがね、人物は難しいですね

顔の表情の造り、目の形なんかちょっとの違いで女性なんか顔変わります

からねえ、口元、鼻の形、これってキャンパスでやる整形手術みたいですね。

でも、アクリル絵の具でキャンパスにぺたぺた?と人物画を描くのは

楽しいものです。



私のホームページギャラリーです私の夢空間・人物画はここにあります。
http://www.geocities.jp/nokura_s/




夢の旅人のトップへ









posted by 夢の旅人 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 風景、人物等絵を描く
アクリル、CGイラストで表現するファンタジックな夢空間を紹介