アクリル、CGイラストで表現するファンタジックな夢空間を紹介 My Yahoo!に追加

現代のトリコーダー

「エンタープライズ、こちらカーク、転送開始」

の通信でエンタープライズから転送される宇宙大作戦こと

スタートレックのおなじみの通信場面。

当時30年以上前だろうかテレビでやっていたSF宇宙ドラマ。

月や火星等の太陽系内の宇宙をテーマにした宇宙ドラマや

映画はあったが、このスタートレックのエンタープライズでは

ワープ航法で恒星間飛行をするという、確か小学校から中学校

のころでわくわくした覚えがある。

今では宇宙戦艦ヤマトが銀河系を飛び出して隣のマゼラン星雲

にあるイスカンダルまで行ってしまうというところまで来てし

まった。

まあ、これはSF映画の世界での話ではあるが、しかしスタート

レックの通信機の話だが、話す時はコンパクトを開けて、

通信機に向かってしゃべる、これはもう今では携帯電話で実現

しているではないか、

また「コンピューター」と言って答えてくれるなんてのは

今のアイフォンではないか。

と言うように45年ほど前の手塚治虫の漫画に出てきたハイウェー

やチューブの中を走る高速列車なんかリニアモーターカーで実現

してきている。

スタートレックに出て来るドクターの医療器具の一つにトリコーダー

ってのがある、電卓ぐらいの大きさで人体をスキャニングする

今はCTスキャンと言って大きな円形のトンネルをくぐってスキャン

するわけだが、スタートレックでは手で持つハンディー形式のトリコ

ーダーでスキャンしてしまう。

いままでは文字や絵等のスキャニングはA4以上のスキャナーが必要で

あったが、文字ぐらいなら手軽にハンディーでできるスキャナーも

あるくらいだから、将来は医者が現場でスタートレックのように手軽に

患者をスキャニング出来る時代が来るかもしれない。




posted by 夢の旅人 at 00:43 | SF映画の夢空間

宇宙戦艦ヤマト実写版を見て

宇宙戦艦ヤマトの実写版、テレビでやっていたが、これは映画館でも

見てきた。

さてその感想はと言えば色々指摘はあるとは思うが、日本もここ

まで出来るようになったかと思いながら見ていた。

やはり一番の見せ所はヤマトが地上の中からどどど〜〜〜と出て来る

場面、宇宙戦艦ヤマトのファンなら感動しただろうと思う(中には

パチンコ屋のコマーシャルで飛んでくるヤマトの方が良いと言う

意見もあるが)

なにしろアニメの劇場版でもこの場面が一番かっこいいと思う場面

だからだ。

ただスターウォーズやアメリカドラマの宇宙空母ギャラクティカ等

の宇宙ものの映像なんかと比べると少し重みがないかなと思ったが

まあこれはアニメの実写版だからこれでいいのかもしれない。

内容のほうはと言えば、数多いアニメの宇宙戦艦ヤマトファンから

言えば、ちょっと物足りないと思った、今回の映画用に脚本を作ら

れたようだが、ヤマトファンにとっては原作に忠実であってほしい

と言う意見も多くある。

そういえば最近リニュアール版として昔やっていた映画を新しく

作り直して上映しているが、たしかに今のCG技術によって映像は

すばらしく、迫力もあるのだが、残念な事に、映像に懲りすぎて

内容が面白くなくなってしまっている映画が多い。

とまあ、映画評論家みたいな話になってしまったが、

実写版宇宙戦艦ヤマト、まあまあよかった、これからの日本の宇宙

物映画に期待したい。

個人的には他に20世紀少年やK21なんてのもおもしろかったけどなあ

なんて、まだまだ映画の話は続きそうやな^^;。

SF映画の話を高山のNさんと話すと止まらない。

また、こんな話を喫茶店で二時間も三時間も友人と話しております、

はい^^;
posted by 夢の旅人 at 22:33 | Comment(0) | SF映画の夢空間

タイムトンネルの話

むかし、たしかNHKでタイムトンネルと言うアメリカの

SFドラマが夜遅く放映されていた。

タイムトンネルとは、時間旅行するために作られたトンネル

で、アメリカのアリゾナ砂漠の地下数千メートルに作られた

軍極秘の実験用のトンネル。

このタイムトンネルはまだ未完成ではあったが、若き科学者の

トニーが実験として自らタイムトンネルに入ってしまい、現代に

もどれなくなってしまう、トニーを現代に戻すため科学者ダグが

今度はタイムトンネルに入ってトニーのところへ行くのだが

結局二人とも時間の放浪者となって歴史的事件のある時代へと

飛ばされて行く。

と言うような話なのだが、当時はモノクロテレビで見ていて

たしか小学校のころだったと思ったが、毎週このタイムトンネル

が始まるのが楽しみでしょうがなかった、これで結構歴史にも興味

もてるようになったし、このタイムトンネルのプラモデルも買った

覚えがある。

このタイムトンネルで好きだったのはタイムトンネルの前横に並べられた

大きなコンピューター、と言うより電子計算機といった方がいい、

タワーのような並べられた電子計算機がいかにも科学の最先端を行った

機械のように思えたかっこよかった。

また当時小学校のころこのタイムトンネルが本当にアメリカのアリゾナ

砂漠にあると思っていたと言う夢見る少年時代だったのがなつかしい。
posted by 夢の旅人 at 00:39 | SF映画の夢空間

HGウェルズのタイムマシン

HGウェルズのタイムマシンは35〜36年ほど前と言えば中学生

ぐらいですかね、たしか夏休みに読みました。

そしてモノクロテレビでですがロッドテーラーとイベットミミュー

の出ていた当時のタイムマシンも見ました、後カラーテレビでも

ビデオでも見ましたが、このタイムマシン私、大好きなんですよ。

時代は1899年の12月大晦日なんですね、雪のふる夜に食事会に呼んだ

友人達にタイムマシンの話をする主人公だが誰も信用しようとしない

彼は一人で時間の空間へ旅立つと言う話ですが、映画としては

当時はB級映画ではありましたが、中学生の私にとっては、感動と夢

を十分あたえてくれたロマン一杯広がった内容の映画でしたね。

今でこそタイムトラベルの話は多くありますが、1899年と言う時代

背景とあのクラシック作りのタイムマシンがなんとも言えませんでしたね

自分の家にある研究室で作ったタイムマシンで、場所は自分の部屋の中

なのですが、数分の未来へタイムマシンを動かすと時計とロウソクが少し

変化しているなんて事がすごく身近に感じましたね。

自分の部屋の研究室から時間だけを越えた別の世界へ旅するわけですから

それと周りの様子が時間と共に変化するのがわかると言うのが、見ていても

わくわくしましたよ。

ロッドテイラーの出ていたタイムマシンの中に食事に呼ばれた客の一人

で、タイムトンネルに出ていたカーク所長がいましたね・・・・・

タイムトンネル?。

知ってますか?、これの話をすると長くなりますのでタイムトンネルは

やめときます。

後リメイク版として最近HGウェルズの孫にあたるサイモンウェルズの監督

によって作られましたが、これも私は好きです、映画館でもビデオでも

DVDでも何度もみましたよ。




私のホームページギャラリーです私の夢空間はここにあります。
http://www.geocities.jp/nokura_s/




夢の旅人のトップへ
posted by 夢の旅人 at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF映画の夢空間

スタートレックの話

宇宙、それは人類に残された最後のフロンティア、と言う

アナウンスではじまる、宇宙ドラマ、スタートレック

スタートレックは最初テレビシリーズで宇宙大作戦として

たしか40年ほど前から放映されている、みなさんご存知の

宇宙冒険ドラマです、このエンタープライズのカーク船長

からはじまって、ピカード艦長、そしてヴォイジャー

ジェンウェイ女艦長、ホワイトホールを守るシスコ中佐率いる

ディープスペース9、そして本来の初代エンタープライズである

アーチャー船長の話、一応一通りすべて私は見ました。

知らない人も多いと思いますが、すべて見ようと思うと、

水戸黄門シリーズを東野英二郎さんの水戸黄門シリーズから

里見浩太郎さんの水戸黄門まですべて見なくてはいけないほど

量はあります。

しかしすべての話は年代別にストーリー等は一応つながっています

多少の無理はありますが、そのようにして作られています。

これをずっと見ていると生活の一部になってしまいそうですが

スタートレックファンにとっては面白い内容です。

とくに私はジェンウェイ艦長のヴォイジャーシリーズが好きです

アーチャー船長を中心として展開するスタートレックエンタープ

ライズも先日やっとすべて見終わりましたが、すべて見終わると

結構おもしろかったですね。

内容を説明するととても書ききれませんが、とにかくスタートレック

シリーズはおもしろいですね。

見た事の無い人はせめて映画版のスタートレックを見てください。





私のホームページギャラリーです私の夢空間はここにあります。
http://www.geocities.jp/nokura_s/




夢の旅人のトップへ











posted by 夢の旅人 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF映画の夢空間
アクリル、CGイラストで表現するファンタジックな夢空間を紹介