アクリル、CGイラストで表現するファンタジックな夢空間を紹介 My Yahoo!に追加

イラスト用画材が少なくなって来ている

どんどん画材が少なくなってきている。

数十年前まではアクリル絵の具、パステル、カラーインク

水彩絵の具、等の絵の具を筆やエアーブラシを使って仕事

をしていた。

アクリル絵の具なんて毎月色を追加していかないと無くなって

しまうくらい良く使っていた。

カラーインクも水性のドクターマーチンのカラーインクと

耐水性のホルベインのカラーインクを使っていた。

カラーインクの紙はキャンソン紙かBBケント、マーメイド等の

水彩用紙にインクのにじみを生かしたイラストをよく描いていた。

アクリル絵の具はイラストボードに筆とエアーブラシを使って

当時はやったスーパーリアルなイラストを描いていました。

いまでもこれらの画材でイラストを描いてはいますが、

仕事はほとんどCGでの作業になってしまっています、

時代のながれなのでしょうね。

数十年前はエアーブラシでのイラストが筆のイラストから移りかわり

緻密できれいな仕上がりのエアーブラシでの仕事が多くありました。

イラストもデザインもコンピューターでの作業になってきたせいか

画材店に行っても、イラスト用の画材はあるにはあるが、品数が

多く減ってきている。

今でもアクリル絵の具とパステルは良く使用しているが、色数が段々

と少なくなって来ているのが画材店行くとよくわかる。

現在は仕事はCGでの作業で絵画的な絵はキャンバスや紙にアクリル

絵の具とパステルを使って描いています。

CGでの作業は仕事としては便利でやり易いので良いのですが、

とくに現在はキャラクターイラストやメディカルイラストをCGで

描いていますが、

やはりのんびりして描く絵は絵の具をつかってキャンバスや紙に

描くのが良いですね。






posted by 夢の旅人 at 22:59 | おしゃべり
アクリル、CGイラストで表現するファンタジックな夢空間を紹介