アクリル、CGイラストで表現するファンタジックな夢空間を紹介 My Yahoo!に追加

イラストレーターとしてのテーマの模索

イラストレーターとしておよそ30年そこそこイラストを描いて

きた。

イラストレーターと言っても描くイラストは依頼があればだいたい

のものは描いてきた。

ポスター、パンフレット、カタログ、出版物、等の印刷物を媒体に

子供向けカット、スーパー、デパートのイメージイラスト、

宇宙産業や自動車産業用のメカニックイラスト、いわゆる車や

宇宙船や航空機のイラスト。

果物や野菜等の食品関係のイラスト。

医療関係や医学生向けの全身の骨格や筋肉から脳、肺、心臓、肝臓

等の人体の解剖図としてのメディカルイラスト。

宇宙をテーマに描いたスペースアートや世界の風景を描いた風景画。

展覧会用に描いた舞妓さんの絵やパステル画による風景や人物画

や肖像画。

考えてみればこの35年間いろんな物を描いてきた。

さて30年以上という年月がたった今、

これからの自分の描くテーマは何かと言う改めて問い直した。

なぜなら、35年間イラストを描いてきた2012年4月の今は56歳

人生の折り返し地点として、新たなる自分を見つめる時だから

だと思う。

今現在これからのテーマを求めて模索している状態であります。


posted by 夢の旅人 at 11:23 | おしゃべり
アクリル、CGイラストで表現するファンタジックな夢空間を紹介