アクリル、CGイラストで表現するファンタジックな夢空間を紹介 My Yahoo!に追加

メディカルイラストと言う人体解剖図を描く

七年前ほど前にメディカルイラストレーションの製作会社として

岐阜大学の医学部教授高橋優三先生の監修のもとに発足された

メディカル愛からの依頼によって私を含めて数人のメディカル

イラストレーターでメディカルイラストと言う人体解剖図を描いて

きました。

頼まれた当初は果たしてこんな複雑な人体解剖図を描くことなんか

出来るのかなんて考えながら引き受けたわけですが。

まず最初に描いたのが、全くもって複雑な大脳と小脳を側面からの

断面にした頭部の解剖図を描きました。

メディカルイラストですからただ描くだけではなく、やはり正確さ

と描くイラストの方向性と何を言いたいのかを表し理解しなくては

いけない。

とりあえず最初は正確さに注意して描くだけで精一杯でしたが

その後数多く描いていくうちに少しばかりメディカルイラスト

レーションと言う人体解剖図の要領がつかめて来たつもりではあり

ますが、やはり方向性と角度やポイントが変わって来るとまずその

人体図の理解から始めなければいけない。

とくに、前、後ろ、上、下の角度の人体図から、そこへ動脈、静脈

に神経等が加わってくるとまるでパズルのようで、

それほど人体解剖図と言うのは複雑な世界なのだ。

そんな複雑な人体図の各パーツを描いてもはや七年になる。

現在はメディカル愛の数人のメディカルイラストレーターの

メンバーで骨格と筋肉を中心とした解説本の出版物等のイラストを

描いてきました。

これからも新しい切り口イラストの出版物を手がけていくために、

メディカル愛のメディカルイラストレーターの一員として描いて

おります。


参考までに今まで描いてきたメディカルイラストのサンプル画像は

NOKURAアートの こちらにあります 


posted by 夢の旅人 at 00:34 | メディカルイラストの世界
アクリル、CGイラストで表現するファンタジックな夢空間を紹介